ホイッスル!は週刊少年ジャンプで 2002クラスまで連載されいたサッカー戯画

ホイッスル!は週刊少年ジャンプで

2002クラスまで連載されいたサッカー戯画だ。

サッカーが好きな中学の主役風祭将が、サッカーやチームメイトとのコネを通じて

成長して行く会話だ。

将来Jリーガーになりたいと思っている風祭将は、

サッカーの名門の武蔵森学校に通うことになりますが、

身長が低かったので武蔵森学校では、マネージャーものの雑用や

リフティングしかされてもらえませんでした。

真剣にサッカーを歌唱したいと武蔵森学校を退学して

桜上水中学生というサッカー強豪もない公立の中学生に転校することから

こういう会話は始まります。

桜上水中学生は、形コンペや発展コンペでさまざまな強豪校といったコンペをするんですが

我々が気になったのは、スポーツマンではなく国分二ミドルのサッカー部顧問の土砂降り宮東吾だ。

桜上水中学生のサッカーコーチです松下反映十の現役時代の後輩で

将来有望でマスメディアにも取り上げられたスポーツマンだったのですが

周りの狙いに合わせられずに、サッカーがかしこく歌唱できなくなってしまう。

そうして自分で両足の腱を切断してしまい、再びサッカーが出来る人体ではなくなってしまいました。

サッカーなどの動作では、当然スタミナが重要ですが

同時に心も鍛えなければいけないんだと思いました。

サッカーにて人間としても拡張もらえるジャンプらしき友情集中成功のサッカー戯画だ。