本年五輪開催国、陽気な国のブラジルの涼しげなBGM「ボサノヴァ」のはじまり。

もはや目の前に迫ったブラジル五輪をフロントにより勢い付くブラジル。今回は目下ハマっていらっしゃるブラジル楽曲について書きます。ブラジル楽曲というものが何とか国家に認知されたのは1940年代程でした。頭にドケバイデコを施し綺麗に微笑むアクトレスカルメン・ミランダのハリウッドへの膨張、「The Gang’s All Here」の当たりによりブラジルという世界中が世界的に注目され、同時機ディズニーの南米を舞台にした「ラテン・アメリカの周遊」が生まれ、ブラジル人類作曲わが家、アリ・バローゾが選択されたことからブラジル楽曲のテンポ、マークワークがアメリカのジャズといった結びついたことから始まります。その後の1960年代当初、ブラジル楽曲の第ゼロ後黄金期です「ボサノヴァ」が確立されます。1950年代下部新しいサンバの慣習として「ボサ・ノヴァ(目新しい情勢)」についての楽曲がギタリストのジョアン・ジルベルト、作曲わが家のアントニオ・カルロス・ジョビン、作詞わが家のヴィニシウス・ディ・モラエスにて生み出されます。多彩なマークワークを通じて彩られる音楽、パーカッシブなギター奏法、囁くみたい歌われる歌は世界中の人類をアピール決める。1960年代はブラジル景気としても一つの全盛期でした。新首都ブラジリアが終息し、ブラジルワールドカップによるペレ評判、ブラジル人前とともにボサノヴァもアメリカのジャズという引っ付き、ジョアン・ジルベルト、スタン・ゲッツのチームプレイの「イパネマの幼児」はゼロ後ビルボードトップ10に路線クインやるほどになりました。以後立ち寄るブラジル軍事政権時とともに、ボサノヴァは衰退してゆくなどは思いもよらなかったほど精気に満ちあふれていました。