激安で購入した団地をリフォームして楽しんでから自宅を買取

我々アベックは根っから彼の家で同居を通じていました。というのも、二人揃って働いていないひとときがあったり、ニートだったりで生涯能力が無かったんです。わが家が借りられるかどうしてかも危うく、それを押し隠すように同居させてもらい、2年間で600万円ほど積み増しました。ニートといってもお家生涯ですし、二人で働いていたので余裕でこのくらいは貯まります。そうして、購入したのが団地でした。 かかった価格は合計で400万円もいかなかったです。残りもあったので、われわれで好きなようにリノベーションをしました。キッチンとダイニングは喫茶店風にして、私のオペレーション余剰も作りました。彼がメインで扱う広間はマテリアルとかを飾ってみたり。 正に激安で購入してそこまで愛着もありませんでしたから多々やってみて、思い切り楽しんで蓄えをしつつ、そうしたら我家を購入したわけです。DIYに慣れていたので何かと作って縮小もできますし、一層住みやすいようにとわれわれで工夫した結果が今の我家にも出ています。 そうして、団地の転売金額も喫茶店風に黒板を設置したりって色々やったのが逆に良かったらしく、入手稼ぎといった決して対等。あそこにまず住んでみてよかったなぁって又もや思います。